人を対象とする研究を行う際には、原則として対象となる方から直接同意を頂くことが必要となりますが、既に得られている情報等を使用する研究については、事前に内容の説明と同意を得ずに実施する場合があります。
 その場合、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、対象となる方から直接同意を頂く代わりに研究に用いられる診療情報等の利用目的を含む研究内容を公開し、研究が実施されることについて対象者(代諾者を含む)が拒否できる機会を保障することが必要とされています。これを「オプトアウト」といいます。

 鹿屋体育大学の研究課題において、現在、オプトアウトを行っている研究課題は、以下のとおりです。

 この研究は,鹿屋体育大学倫理審査小委員会の審査を受け承認を得て行っているものであり、研究の成果は、学会や専門誌などの発表に使用される場合がありますが、名前など個人が特定できるような情報が公表されることはありません。

 しかしながら、自身(代諾者を含む)の情報等を研究に使用してほしくない場合、研究の内容について詳細を知りたい場合は各研究課題の大连棋牌,大连棋牌官网下载先にご連絡ください。
また、申し出を行うことで、何ら不利益を受けることはありません。

 

研究課題名:鹿屋体育大学生の大学アイデンティティと地域愛着(PDF)

研究課題名:大学生活不安尺度と健康に関する研究(PDF)

研究課題名:鹿屋市民の運動習慣?体力?筋力調査分析(PDF)

研究課題名:幼児の予測的知覚の潜在的機能に関する研究(PDF) 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて