本学は、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第59号。以下「法」といいます。)その他関係法令、独立行政法人等の保有する個人情報の適切な管理のための措置に関する指針(総務省行政管理局長通知)及び国立大学法人鹿屋体育大学個人情報管理規程等に基づき個人情報の保護及び適切な管理に努めています。

法令の遵守
本学は、個人情報保護に関する法令を遵守します。
個人情報の取得について
本学は、個人情報を取得する場合は、利用目的をあらかじめお知らせする等、適法かつ公正な手段によって行います。
個人情報の利用について
本学は、個人情報を取得した際に示した利用目的の範囲内で、教育、研究その他の大学の業務を遂行するため、必要な範囲で利用します。
個人情報の第三者への提供について
本学は、法令に定める場合を除き、個人情報を第三者へ提供しません。
個人情報の管理について
本学は、個人情報の正確性を保ち、これを適切に管理し、かつ個人情報の紛失、破壊、漏洩等を防止するため、必要な安全対策を講じます。また、個人情報の取り扱いを第三者へ委託する場合には、当該第三者について調査を行った上、秘密を保持させるために適切な監督を行い、契約を締結します。
個人情報の開示?訂正?利用停止について
本人が自己の個人情報について、開示?訂正?利用停止を求めた場合は、速やかに対処します。

特定個人情報保護評価について

特定個人情報保護評価とは、特定個人情報ファイル(マイナンバーをその内容に含む個人情報ファイル)を保有しようとする又は保有する国の行政機関や独立行政法人等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で、特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するもので、公式Webサイト等における公表を義務付けられているものです。

謝金等に係る源泉徴収票等法定調書の作成に関する事務(基礎項目評価書)(2020.2実施)


 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて